行く手を阻むものはたった一つ

The Only Thing Standing in Their Way

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2017年12月22日  冬至

1年が終わり、新年を迎えようとする時、私たちは再び世界で起っている悪い出来事を思い知らされます。特に私に関わりがある日本と米国の政治状況は悲惨で希望がないように思えます。そして、この両国の政治的リーダーは国民の利益に配慮する優秀な指導者というより、利己主義な「狂人」のようです。

しかし、待って下さい。何か聞こえてきます。私たちが容易に忘れてしまう、あるメッセージが風に乗って太古の昔からこだまのように響いてきています。過去に生きた人々は大勢で協力し、彼らの時代の狂人たちに抵抗してきた、だから私たちにも出来るはずだ、とそれは伝えているのです。

このメッセージに改めて気付いたのは、私が日本の新聞記者として何年も前に書いた記事がきっかけでした。それは、京都に拠点を置く、スペイン出身のあるカトリック教会の司祭の話でした。彼は自身の良心に従い、投獄や本国送還というリスクを冒してまで、法律で定められた日本政府への指紋押捺を拒否したのです。

そのスペイン人司祭以外にも、多くの抵抗者たちがおり、その多くは在日韓国人で、1980年代の日本における「公民権運動」と言える運動をしていた人たちでした。彼らは社会の中の間違ったことにリスクを冒して声を上げてきたのです。

その昔のニュース記事をこの新しくなった「ライフ・タイムズ」の
ARCHIVES(アーカイブ室)のページで見ることが出来ます。詳細はそちらでご覧になって下さい。

また、アーカイブ室では、以前からずっと始めたいと考えていた「調査報道の記事」というタイトルの新しい項目が、この号から加わります。これは様々なニュースと、私が長年行ってきた調査が詰まった宝庫となるでしょう。最初の調査では、ここ日本での福島以後の原発と報道機関との関係について掘り下げています。

また、そのついでに
BLOG(ブログ)のページも覗いてみて下さい。その品質を上げようと奮闘しているページで、外観も新しくなり、構成も変わりました。このぺージを通じて、ここで取り上げている様々なトピックについて皆さんともっと活発に対話していけることを願っております。

実は、この号からほとんどのページが何かしら新しくなり、改良されています。どうぞ、一通りご覧になり、何が新しくなっているのかをチェックしてみて下さい。

最後に、私はこの季節になると思い出すことがあります。それは、どの場所においても、いつの時代においても悪い出来事は起こってきたけれど、人々は立ち上がり、問題に立ち向かい、前向きな変化を起こしてきたのだということを。ですから、これは太古の昔からの普遍の真理であり、今後もずっとそうあり続けてゆくでしょう。

政治的リーダーとして振る舞う、利己主義な狂人たちの行く手を阻むものがたった一つだけあります。それは私たちです。あなたと私、すなわち世界中の一般の労働者なのです。ついつい忘れがちなことですが、私たちの政治、社会、国、そして私たちが共有するこの世界の今後の方向性について最大の発言力を持っているのは私たちなのです。

私たちが力を合わせれば、どれほど大きな力になるのかを、年末年始のこの季節にどうか思い出していただけますように、そして、真正面から問題に立ち向かい、全ての人々にとってより良い世界にするという動機付けとなりますように。

  • 私たちが容易に忘れてしまう、あるメッセージが風に乗って太古の 昔からこだまのように響いてきています。過去に生きた人々は大勢で 協力し、彼らの時代の狂人たちに抵抗してきた、だから私たちにも出来る はずだ、とそれは伝えているのです。
  • It sounds to me like the echoes of olden times, rising with the wind to carry a message we so easily forget: that people of the past came together in great numbers and stood up against such madness in their own times, and we can too.

As we finish one year and celebrate the arrival of a new one, we are once again reminded of all the bad things happening in the world. In two countries in particular that I have some relation with, Japan and the United States, the political situations often appear dire and devoid of hope, and our political leaders resemble ego-driven madmen rather than statesmen looking out for our best interests.

But wait. What’s that sound I hear? It sounds to me like the echoes of olden times, rising with the wind to carry a message we so easily forget: that people of the past came together in great numbers and stood up against such madness in their own times, and we can too.

I’m reminded anew of this message by an article I wrote many years ago as a newspaper reporter in Japan. It was a story about a Catholic priest from Spain, based in Kyoto, who, by following his own conscience, risked being jailed and deported because he refused to give his fingerprints to the Japanese government under the law.

The Spanish priest was among the growing numbers of other resisters, mostly ethnic Koreans born and raised in Japan, who filled the ranks of what could be called a “civil rights movement” of sorts in Japan in the 1980s. They took a risk and spoke up about things they found wrong in society.

You will find that old news article in the
ARCHIVES page of this new LifeTimes website edition. Check out the article for details.

Also on the
ARCHIVES page, starting with this edition, is a section I have been eagerly looking forward to adding: a new section titled “Investigations”. This will be a repository for various news investigations and research that I have done over the years, starting with an in-depth, post-Fukushima look into relations between nuclear power and the news media here Japan.

And while you’re at it, have a look at the
BLOG page as well, which I’m especially excited about upgrading. The LifeTimes Blog has been given a fresh new look and a new blogging format, which I’m hoping will encourage both you and me to engage more actively in a dialogue with each other about the various topics posted here.

In fact, almost all the pages in this edition of
LifeTimes have been given a “new and improved” look or newly updated in some way. Have a look around and you’ll see what those new features are.

In closing, I’m reminded in this season of troubled times that wherever and whenever times have been bad in the past, people have stood up and confronted the problems and made a positive change. That has been a universal truth since time immemorial. And it will continue to be true long into the future.

There’s only one thing standing in the way of ego-driven madmen posing as political leaders, and that is us. You and me: the common, ordinary working people, everywhere around the globe. It seems to me that we often forget we are the ones who have the ultimate say over which direction our governments, our societies, our countries — yes, even the world we all share — will take in the future.

May this year-end, New Year season once again remind us all of just how much power we hold in our hands when we join together, and motivate us to confront the problems head-on and make this a better world for all.

Credits

写真:ブライアン・コバート、
コバート和美、コバート謙也
翻訳:吉田由美子

翻訳/編集:コバート和美
コンテンツ/デザイン:
ブライアン・コバート


Photos:
Brian Covert, Kazumi Covert, Kenya Covert
Translation: Yumiko Yoshida
Editing: Kazumi Covert
Website contents & design:
Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.